・間違えた婚姻届を提出してしまった。

・婚姻後の氏を誤って妻の氏にしてしまった。

・戸籍ができてから間違えた事に気が付いた。

婚姻届の誤りは提出前であれば、用紙を訂正するだけで解決しますが、役所へ提出した後で間違えに気付いた場合、訂正することはできるのでしょうか?

この記事では婚姻届を役所へ提出する前後の訂正方法を解説します。

役所は事前に間違いないか確認してくれないの?

役所

婚姻届の誤りについて明らかに誤ったものであれば、役所は指摘していただけますが、間違えているかどうかが分からないもの(婚姻後の夫婦の氏や本籍地)について役所は事前に確認はしてくれません。

そのため婚姻後の夫婦の氏や本籍地を間違えた場合、そのままその内容で戸籍ができあがります。

婚姻届の提出前の訂正方法

一般的に役所へ提出する前に婚姻届を訂正する場合、その個所に二重線を引けば問題無いところが多いようです。

ただし福岡の役所など、場合によっては訂正箇所の近くに署名が必要となる役所もあるので、正確な訂正の方法は事前に役所に確認したほうが無難です。

婚姻届の提出後の訂正方法

裁判所

婚姻届を提出した後に夫婦の苗字を訂正する場合、役所の戸籍の手続きが完了する前であれば、役所によっては婚姻届を訂正させてくれる場合があります。

そのため、誤った夫婦の苗字で提出されていると分かった際は、急いで役所に確認を取りましょう。

一方で婚姻届の提出後、役所が訂正させてくれない場合や、戸籍ができた後で苗字を訂正するには、家庭裁判所で「戸籍訂正許可申立」または「氏の変更許可申立」を行う必要があります

家庭裁判所での手続きは次の記事を参考にして下さい。

家庭裁判所での戸籍の訂正は簡単にできるの?

家庭裁判所では、その内容が錯誤や遺漏のものと認めない限り訂正の許可はしてもらえず、申請をしたら必ず許可されるというものではありません。

また戸籍訂正の申立では理由等が重要になります。

そのため簡単に許可が出るものと考えず慎重に進めていく必要があります。

まとめ

婚姻届の訂正方法について記載させて頂きました。

家庭裁判所での訂正の手続きには細かい知識が必要になります。

戸籍の苗字の訂正、変更の手続きをご相談されたい方は初回相談無料で対応しておりますので、お気軽に司法書士事務所エベレストまでご相談下さい。

 

氏名変更でお悩みの方は

司法書士事務所エベレストへご相談下さい。

初回相談無料!

お問い合わせ